術後経過編

術後2日目

朝起きてびっくりしたのが、目やにが黒かったことです。

鼻腔と涙腺はつながっているので、寝ている間に血が入り込んだのでしょう。

起きてみると、鼻の下のガーゼは赤くなっています。
ですが、そんな量が出た感じではありませんでした。

血混じりの鼻水はこの日は出続けます。
なのでガーゼは夕方までつけていました。

病院でもらったティッシュで定期的に鼻の中を拭く作業も必要になります。

鼻水はまだ血が滲んだような色です。

痛みはほぼありません。




あとはくしゃみがよく出ますね。
鼻への異物感があるからでしょうか?

このとき、病院からはしっかり口をあけてくしゃみするように指導されました。
口を閉じてしてしまうと鼻腔の傷が開いて出血するかもしれないためです。

鼻のガーゼにはチューブが入っていますが、それでも1割り程度しか通っていないため、結構苦しいですし、飯の味がわかりません。

耐えられないほどではないですが。

でも、傷は早く治したいですよね。

手術前からそう思っていたナザラーは、傷の治りが早くなる食べ物について結構調べました。

亜鉛やビタミンB群をたくさん取るとよいようです。

亜鉛は牡蠣や豚レバーに多く含まれます。
なかなか家では食べられないものと思いきや、通販で買えます。

 

調理が面倒ならば、サプリという手段もあります。

また、術後しばらくは激しい運動ができません。
便秘にもなりそうだなと思ったので、ヨーグルトなどもよく食べました。

 

 

術後3日目

鼻のクリニック的には、職場復帰していい3日目です。

ナザラーの場合は、一週間休むことにしていたのでこの日も休みです。

痛みは全くありません。
そして、1日目、2日目より全然楽になっています。

鼻水は出ますが、ガーゼを鼻の下に貼らなければいけないレベルではなくなっています。
鼻水の色も薄い赤で、出血ではなくガーゼが吸った血が出てきているようなイメージです。

ただ、鼻腔奥のガーゼの影響か涙腺が刺激されるので、涙が止まりません。

病院でいただいたティッシュはこのあたりで使い切りました。

コンビニで買った柔らかいポケットティッシュを持ち歩き、散歩などしていました。



術後4〜7日目

このあたりになると、鼻への異物感も慣れ、涙やくしゃみも出なくなってきます。

もう鼻以外はすべて元気な状態です。

激しい運動は禁止ですが、ナザラーは鼻が詰まってじっとしているのが辛かったため、ウォーキングをしていました。(毎日10kmくらいw)

あくまで自己責任ですが、やる方は出血の様子を見ながらやってくださいね。

人間暇になると、いろいろなことに手を出します。

ナザラーの場合は、美容でしたw

鼻が快適になったら、もっと身だしなみもしっかりしてかっこいいオッサンになりたいwなんて願望があったんだと思います。

高級な化粧水を買ったり↓

アンチエイジング効果のある洗顔料買ったり↓

洗顔用泡立てアイテムを買ったり↓

こんだけ肌に気を使ったらカミソリもやめて肌にやさしいシェーバーにしようと
Panasonicのラムダッシュお風呂剃りを買いました。

 

どれも優秀で、とっても気に入っています。
とくにパナソニックのES-ST8Pは肌にやさしくかつ、カミソリ並の深剃りで買ってよかったです。

このように、鼻炎の手術を受けると変化が訪れますw
手術を受けた人は「人生変わる」ってよく言ってますが、本当かもしれませんね。

とにかく

これまでの灰色の人生が彩りあるものに変わるかもしれない。

そんな気持ちになるようです。

もし手術後、一定期間おやすみを取る方は、これからの自分について考える時間が取れるかもしれません。