効果判定編

その後、ナザラーは市販の点鼻薬の回数を減らすべく、ステロイド点鼻薬と鼻うがいを続けました。

最初は続くかどうかもわからなかったので、街の薬局に売っていた
ハナノアを購入し、実施。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハナノア 専用洗浄液(500mL*4コセット)【ハナノア】【送料無料】
価格:2792円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)




その後容器が小さいことに若干の不満を覚えたので、ハナクリーンSも購入しました。

最終的にはミネラルウォーターで自作するまでに至りました。
容器はハナクリーンSのものがやりやすかったので、それを使いました。

最初はビビりましたが、人間やってみるとなれるもので、いつしか気持ちよくなり始め、ほぼ毎日行っていましたね。

一方ステロイド点鼻薬は、粉末状でパフパフするような感じで
まったくもってさしている感覚がありません。

一生懸命吸い込むと、鼻の奥のほうが少々粉っぽく感じるくらいです。

ただ使い続けていくと緩やかに効果が出て来るの意味がわかってきました。
うん、これならイケるかも。。




そう思い数ヶ月実施しました。

ですが、やはり市販の点鼻薬には一発には敵いませんでした。

それでも数ヶ月の間になんとか、一日3回まで減らすことができましたけども。

そんなわけで数ヶ月の経過観察後、12月に再診に行くことになりました。

再診はわりと予約はスムーズにとれます。

一番はやはり初診時がタイヘンなようですね。

で、内視鏡で再び鼻の中をチェックします。
前回と比較してみると、若干よくなっていたようでした。

確かに、市販の点鼻薬の回数も減らしてはいるし、

ステロイド点鼻薬や鼻うがいの効果も感じている自分はいました。

7~8割の人がステロイド点鼻薬と鼻うがいで劇的改善するというのは本当だと思います。

なので、手術目的でない人でもやってみたほうがいいとナザラーは心から思います。

しかし、なんていうんですかね。

あくまで主観ですが、多分、本当に鼻の通る普通の人ってのは、こんなもんじゃないだろうなって思ったんです。

そりゃ味だってわかるし、口カラカラにならなくはなったけども。

ただ、鼻のクリニックでは先生から手術を推して来ることはないようです。

自分の意思で決めなければなりません。

ナザラーはの目的は既に手術だったので、
ここで手術をお願いする運びとなりました。

この時点で、「手術のてびき」という冊子を渡されます。

この冊子は手術が終わるまで、ずっと必要な冊子となります。

保健師の方に手術までのスケジュールや必要事項について打ち合わせを行い、
てびきには末尾にはこれからの予定と費用概算が記されます。




ナザラーの場合、種々予定も合わなかったので

再診:1月
手術前検診:3月
手術オリエンテーション:4月
手術:5月

費用概算:23,0000円
※別の章で詳しく書きますが費用についてはもっと安くなります。

となりました。

なんと、初診から1年計画ですね。

私が受ける手術は、

  • 後鼻神経切除術
  • 下鼻甲介手術

の2つとなりました。

ちなみに、ナザラーの場合は手術が一回で済みますが、

鼻中隔矯正術がプラスされますと、2週連続での手術となるようです。

そのほかできる内容としては、冊子を見る限り

  • 内視鏡下副鼻腔手術
  • アデノイド切除術

があるようです。

ちなみにこの日一番びっくりしたのは、

  • 手術前から2ヶ月、術後1ヶ月禁煙しなければならないこと
  • 術後4週間は禁酒

であることでした。orz

ナザラーは加熱式タバコですが、それでも喫煙者なのでこれはかなりのハードルとなりました。

またお酒も毎日飲むので、これは本当に覚悟を決めないといけないなと思いました。

ちなみに、禁煙については「傷の治りを妨げるため」で、
禁酒は「血流がよくなって出血のリスクが高まるため」だそうです。